横須賀スプリングフェスタ2018 艦船見学やアメリカン屋台

横須賀といえば海上自衛隊と米海軍の横須賀基地!港には軍艦、護衛艦が多く停泊し、一般の港の様相とは全く異なっています。

普段は入ることのできない横須賀基地ですが、一般に解放されるスペシャルデーが1年に数回ほどあります。来たる4月のスプリングフェスタもそのひとつ。昨年2017年は雨天で寒い日だったのにも関わらず来場者数は約21,000人、早朝から長蛇の列ができました。基地解放は大人気のイベントなんですね!

アメリカンサイズのエナジードリンクやボリューミーな屋台はもちろん、行き交う軍人さんやその家族が多く来場し、日本にいながらにしてアメリカにいるような感覚を味わえます。

今回はそのスプリングフェスタについて概要、見所、注意点をまとめたいと思います。

日時とアクセス

日時:2018年4月7日(土) 9:00~16:00(入場は15:00まで)

※荒天時は中止です。アナウンスは横須賀市ホームページで確認することができます。

アクセス:京急横須賀中央駅から徒歩15分、またはJR横須賀駅から徒歩25分となります。オススメは京急の横須賀中央駅から商店街を歩いて行くコースです。

入場ゲート:三笠公園ゲート(三笠公園の奥まで進み、噴水池の横から入門)

三笠公園まで行けば、人の列ができているので迷うことはないと思います。

入場に関する注意事項

日本にあるとはいえどもそこはアメリカ軍の駐留基地。注意事項はしっかりと押さえておきましょう。特に写真付きの身分証明書を携帯することが必須です。具体的には、

  • 有効期限内のパスポート
  • 運転免許証+記載印字票(ICカード式運転免許証の内部に記録されている本籍を印刷した書類で、警察署や運転免許センターで発行できる)
  • 本籍記載住民票+運転免許証
  • 写真付きマイナンバーカード
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 学生証(中学生、高校生)

要するに顔と本籍地が確認できる書類が必要ってことですね。なお小学生以下は必要ありません。

その他の注意事項は、

  • アルコール、ペット、ビン、缶、危険物の持ち込み禁止(入門の際に持ち物検査があります
  • 車、バイク、自転車、スケボーでの入門は禁止
  • 会場内及び会場付近でのドローン飛行は禁止
  • 午前中は混雑が予想されるため、基地入場までに時間がかかる場合あり

なお、持ち込み検査は基地の警備等を担っている日本人職員が行いますので、英語が話せなくても全く問題ありません。

イベント内容

艦艇見学

海軍基地に行く以上、艦艇はぜひ見学したいものですね。大変人気がありますので整理券が配られます。去年は先着1200名限定でした。なお、昨年過去3年間の公開された艦艇は以下の通りです。

2015年 ミサイル駆逐艦 マスティン(DDG-890)
2016年 ミサイル駆逐艦 カーティス・ウィルバー(DDG-54)
2017年 イージスシステムを搭載するミサイル巡洋艦 シャイロー(CG-67)

艦艇見学の注意事項は以下の通りです。
(昨年の転用)

  • 艦船はバリアフリーではないので、補助なしで歩行できない方は参加をご遠慮ください
  • 乳幼児をだっこ・おんぶしながらの乗船はできません。また妊娠中の方も参加をご遠慮ください。
  • かかとの高い靴、ベビーカー、着物での入艦はできません。
  • 移動の妨げとなる大きな荷物は持ち込み不可。荷物を置いて艦艇見学はできません。
  • お手洗いはありません。また、禁煙・飲食禁止です。

昨年夏のフレンドシップデーにおける基地解放では、米海軍の艦艇の隣に海上自衛隊の掃海母船(海中に敷設された機雷(爆発物)を安全に取り除く事(機雷処分)を仕事とする船)が停泊しており、こちらも見学ができました。※今の所、海上自衛隊のホームページでは告知情報が確認できません。

屋台、フード

アメリカンサイズのフードが楽しめます。お肉やピザが 1,000 ~ 2,000円で販売されています。店員さんは外国の方が多いので、注文の時、ドキドキを味わえます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る