USJとディズニー、楽しいのはどっち?違いを比較

日本の2大テーマパークといえば東京のディズニーリゾート(ディズニーランドとディズニーシー)と大阪のユニバーサルスタジオですよね。

最近は USJ がものすごい勢いで入場者数を伸ばし、TDR を脅かしています。

ここでは USJ と TDR の違いを明らかにし、結局どっちが楽しいか考えてみたいと思います。

入場者数の推移

報道でも話題になっている入場者数ですが、ここ数年の推移は以下の通りになっています。(単位:万人)

年度 TDR USJ
2010 2,537 750
2011 2,535 880
2012 2,750 975
2013 3,130 1,050
2014 3,137 1,270
2015 3,019 1,390
2016 3,000 1,460

 (ディズニーはランドとシーの合計値です。)

注目するべきは USJ の入場者増加率。ここ6年で倍!になっています。2010年くらいの時期は USJ の低迷期でしたが入場者は順調に増加し続け、2014年にハリーポッターエリアが開業、2016年にはフライングダイナソーというジェットコースターも新設するなど、勢いに乗っています。

一方の TDR は全体的には増加傾向にあったものの、2013年くらいから停滞、ここ2年は前年割れしています。ショーやパレードに出演しているダンサーなどの労働問題が報道されイメージダウンしたことが原因の一つとして考えられます。

エリア面積と今後の拡大予定

それぞれの面積は以下の通りです。

TDL 51 ha
TDS 49 ha
USJ 47 ha

USJ はちょっと小さいですね。

2020年までにはどちらも新エリアが誕生し、やや面積も広がる見通しです。

■TDL – 新ファンタジーランド
■TDR – 北欧エリア
■USJ – 2017年にミニオンエリア、その後、任天堂エリア

入場料と営業時間

現在の入場料(大人料金、1ディ)は次の通りです。

TDR 7,400円
USJ 7,600円

若干 USJ のほうが高いです。加えて、列に並ばずにアトラクションを楽しめるエクスプレスパス(TDR のファストパスにあたる、ファストパスは無料)を購入する必要があるので、購入した場合はその分チケット代がかさみます。

年間パスポートを持っていて、日常的に USJ に行く人は並んでも問題ないですが、たまにしか行かない人にとっては1日の限られた時間を有効に活用するためにもエクスプレスパスは必須です。

営業時間も違いがみられます。営業時間は季節や曜日によっても変わりますか、もっとも長い場合は以下の通りです。

TDR 8:00 ~ 22:00
USJ 8:30 ~ 21:00

USJに行き、エクスプレスパスを購入している場合は、TDRで支払うよりも多くのお金を消費します。その割にはUSJは長い時間楽しめないですね、1時間半という時間があればアトラクション1つは楽しめるはずです。

結局どっちが楽しいのか

「めっちゃディズニー好き!」とか、「毎年の楽しみはハロウィンでスパイダーマンのコスプレをすることだ!」とか、どちらかを絶対的に好いている人は、それぞれのテーマパークに行くのだと思います。

ここでのターゲットは「まぁどっちでもいいんだけど、より楽しめるのはどっちだろうな」と思う人で、そういう人には、USJをオススメします。

入場者数の増加率というのは魅力度の増加率と同じではないかと考えます。魅力が増したから入場者が増えた、ということですね。

毎年毎年様々なアニメ、映画とコラボしてクールジャパンやサマーフェスを開催するUSJ。対して、TDRもパレードを毎年変えたり新商品を発売するなどはするものの、変化の度合いはUSJに比べれば小さく、次の目玉となる新エリア誕生まで盛り上がりにかけます。

基本的にはハリウッド映画ですが、その枠にとらわれない自由度の高さが「飽きさせない工夫」となり、魅力度のアップに繋がっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る