シン・ゴジラ 地中貫通型爆弾(MOP)の威力とは?

映画『シン・ゴジラ』の魅力は、日本という国が緊急事態に対しどのように対処しうるのかを、自衛隊や内閣への徹底した取材を経てとてもリアルに描いているところです。

自衛隊の総力戦が徒労に終わったタバ作戦。ゴジラに傷を負わせることすらできませんでした。その後、都内に侵入したゴジラに、米国空軍が地中貫通型爆弾 MOPII (モップツー)を投下。初めてゴジラに外傷を与えました。

自衛隊は地中貫通型爆弾を保有していません。というのも、この爆弾の本来の目的は、敵国の領地に投下しダメージを与えることなので、日本の国土と国民を守る自衛隊には必要ないのです。

ここでは、MOPII の威力は本当のところどうなのかを考えてみたいと思います。※厳密には MOPIIと呼ばれる爆弾は存在しないので、MOPとして話を進めます。

地中貫通型爆弾, MOPとは?

地中貫通型爆弾、通称バンカーバスター (Bunker Buster)は、とても硬いものや地下に作られた強固な要塞を目標とし、それらを破壊する目的で作られている爆弾です。

地表のコンクリートを貫通し、地中で爆発するような仕掛けになっています。

MOP はアメリカで開発されている地中貫通型爆弾の一種で、Massive Ordnance Penetrator の略。米軍での正式名称は GBU-57です。GBUとは Guided Bomb Unit の略で、GPS により誘導されるので、ピンポイントで狙い撃ちできます。

Massive (大きい、巨大)という名称が付くぐらいなので、とにかく大きいっ。


出典:zerohedge.com

全長約6.2メートル、重さ約13.6トン。一般的な建造物で使用される鉄筋コンクリートならば地下約60メートルまで貫通。地下要塞などに使われる強固な鉄筋コンクリートでも地下約8メートルまで貫通する設計になっています。

誘導式なので絶対に目標(ゴジラ)に当たりますが、もし、もし、投下された MPO IIが地上に落ちていたら、矢口(演・長谷川博己)を含め地下に避難した人が危なかったかもしれませんね。

ちなみに劇中で MOP II を投下したのはグアムからやってきた第509爆撃航空団の戦略爆撃機B-2でしたが、広島に原爆を投下したのもこの509航空団(第509混成部隊)です。

MOPのコスト

MOPを一発投下するには莫大な費用がかかります。

まず MOP を運ぶための爆撃機。今の所この爆弾を運べるのはBー2のみ。Bー2の単価はおよそ800億円。加えて、特別な格納庫や維持管理費を加えたら2000億と言われます**。

MOP の値段は定かではありませんが、2011年4月、米国空軍が MOP 8発と関連装置を2800万ドルで発注していますので、そこから推定できる MOP の1発の値段は約30億円(1ドル=110円計算)となります。

**シン・ゴジラ政府・自衛隊 事態対処研究 (ホビージャパンMOOK 789)を参照しました

過去の MOP 投下実績

できれば投下してほしくないので、実績という表現はよくないかもしれません。過去の戦争において米軍による MOP 投下の記録があります。

  • アフガニスタン戦争
  • イラク戦争

まとめ

核を除けば最強の兵器と言われているバンカーバスター。シン・ゴジラを見る分には、ゴジラに損傷を与えた唯一の武器なので、「やっぱアメリカってすごいな」と馬鹿みたいに感心するだけでしたが、いろいろ知ってしまうと、「これって人間が人間を殺すために作ったものなんだよな」と改めて気が付き複雑な心境です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る