リニアモーターカー東京⇔大阪いつ開業?ルートや時間まとめ

リニアモーターカーは磁力で車両を高速浮上走行させ、東京大阪間(438km)を最短67分で結ぶ夢の乗り物。現在リニア中央新幹線という名前で建設が進んでいます。

ここでは、最近の動向とリニア中央新幹線のいろいろをまとめたいと思います。

ルート、どこを通る?

リニア中央新幹線は、東海道新幹線に比べて内陸部を走り、東京と大阪をほぼ一直線で結ぶルートを通ります。

山梨県のほぼ中央を横切る形となりますが、山梨県では「山梨リニア実験線」として一部開通しており、そこで走行運転が行われています。

いつ開業?

気になる開業ですが、

品川-名古屋間 2027年開業予定
品川-新大阪間 2045年開業予定

となっています。ただ、品川ー新大阪間の開業を8年ほど前倒しにする方針もあり、予定よりも早期開業の可能性もあります。

とはいえ、あと10年~20年はかかる、とても長期的な計画です。

速度、時間と料金

有人走行による世界記録時速603キロを達成しています。早すぎてピンと来ないかもしれませんが、現在の東海道新幹線であるのぞみ、ひかり、こだまが時速270キロで走っていることを考えるとざっと 2.2倍。なお一般の営業運転では時速約500キロを予定しており、東京―大阪間(438km)を最短67分で結びます。

JR東海がリニアの料金について次のように試算しています。

【品川ー名古屋間の場合】

  時間 自由席料金
新幹線 1時間34分 10,360円
リニア 約40分 11,790円

試算されたのは2014年とちょっと古いですが、品川ー大阪間の料金も新幹線の指定席プラス1000円ほどの見通しがされています。

品川ー名古屋間でいうと、時間が約半分に短縮されるのに、値段は新幹線の自由席にプラス1400円ほど。途中の駅に用事がなければ間違いなくリニアを使いますよね。

リニア体験乗車

JR東海が主催する体験乗車に参加することで、いち早くその速さを体験できます。

【内容】山梨県にある約40kmの実験線で、超電導リニアの高速走行を体験。乗車時間は約30分です。受付開始から解散(現地解散)までは概ね2時間を予定。営業運転で予定している速度、時速約500kmの走行。

申し込み後の抽選で当選した場合にのみ、体験乗車が可能です。残念ながら平成29年第3回の体験乗車(10月下旬から11月上旬の計14日)については、すでに申し込みが終了しており、次回の体験乗車開催日程はまだ明らかになっていません。

なお、応募自体は無料ですが、実際に体験乗車をする際には料金が発生します。

1区画 4,320円
2区画 8,640円

超電導リニア体験乗車実施に関するご案内

今年はJR東海30周年記念イベントとして「リニア体験乗車」とは別に「超電導リニアこども学習教室 ~時速500キロを親子で体験~」が開催されます!=>こちらのイベントは終了しました。

  • 無料!
  • 応募期間 平成29年5月25日〜7月7日
  • 開催日時 平成29年8月8日(火)、9日(水)、10日(木)
  • 各日3回 10:15~12:45、12:45~15:15、14:45~17:15
  • 各回30組、1組4名以内
  • 申込者16歳以上1名、子供6歳以上15歳以下1名、同行者年齢無制限0〜2名

JRイベントスケジュール

 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る